トリミストヘアリムーバーTrimist Hair Remover
  • 5分で除毛5分で除毛
  • スキンケアスキンケア
  • ニオイニオイ
メリット・デメリット
  • カミソリ処理の場合

    メリット

    ●処理が簡単で気になる時にすぐ処理できる

    デメリット

    ●剃った毛先が鋭くなるのでチクチクする
    ●毛穴奥まで剃れないので処理の回数が多くなる

    イメージ画像
  • 毛抜き処理の場合

    メリット

    ●確実に一本一本処理ができる

    デメリット

    ●一本一本処理するので時間がかかる
    ●強引に抜くことで毛穴が炎症を起こすことも

    イメージ画像
  • クリーム処理の場合

    メリット

    ●処理が簡単で毛を溶かして処理するため毛先が丸い
    ●根本から処理できるため処理の回数が少ない

    デメリット

    ●クリームのニオイが気になる
    ●肌に負担がかかる

    イメージ画像
除毛剤
「トリミストヘアリムーバー」はクリームタイプの除毛剤。
塗るだけで簡単にムダ毛を除毛。最短5分待って、コットン等で拭き取るだけでツルツルの仕上がりに!!薬用有効成分が毛のタンパク質と反応して、結合を解き根元からムダ毛を処理できます。

※薬用有効成分/チオグリコール酸カルシウム

わき

【ご注意】顔面、頭部、粘膜付近、ビキニライン、損傷等、傷やはれもの、湿しん、かぶれ、ただれ、色素異常、その他炎症を起こしている部位にはお使いにならないでください。

  • 矢印 矢印
  • クリーム
  • 矢印 矢印
  • クリーム

「トリミストヘアリムーバー」は手に取って塗れるのでクリームがしっかり毛に密着。薬用有効成分が根元からスッキリ除毛。

※爪が気になる方はビニール手袋等をしてご使用ください。

肌の上で10分以上の放置は肌トラブルを引き起こす可能性もあります。放置時間を守ってご使用ください。
  • 根元
  • 簡単
  • 使用方法

    男性の腕で「トリミストヘアリムーバー」の除毛効果をテスト

  • 使用方法

    クリームを毛が隠れるぐらいの厚さ塗布します。

  • 使用方法

    5~10分程度放置後、コットンやガーゼなどで拭き取ります。

  • 使用方法

    後はシャワーで流せばこんなにツルツル!男性の太く濃い毛も根元からスッキリ!

ツルツル
植物エキス
スキンケア
「トリミストヘアリムーバー」は、直接手に出して塗れるから細かい部分もクリームがしっかり密着。根元から処理できます。また、除毛剤特有のツンとしたニオイを押さえたマイルド処方でお風呂場でもご使用いただけます。
水滴

うるおい守る美容成分

  • ヒアルロン酸ナトリウムヒアルロン酸ナトリウム
  • コラーゲン・トリペプチドコラーゲン・トリペプチド
  • 加水分解シルク末加水分解シルク末

※保湿成分

8種類の植物エキス

8種類の植物エキス

ダイズエキス、ユズセラミド、ヒオウギ抽出液、レンゲソウエキス、アマチャエキス、キイチゴエキス、ローマカミツレエキス、アマチャヅルエキス

つるつる
ニオイ
従来の除毛クリームのデメリットは、その強い除毛効果から肌にも負担がかかってしまう事でした。
でも「トリミストヘアリムーバー」なら、美容成分と8種の植物エキスを配合して、除毛しながら肌をトリートメント。確かな除毛効果に加えてスキンケアも!

※浴室でご使用の際は、換気のよいところでお使いください。

直接塗れ

チューブからそのまま手に出して気になる部分に直接塗れます。道具を使わず手で塗れるので細かい部分にもしっかりクリームを密着させる事が出来ます。

クリーム
クリーム
ゆず

除毛剤特有のツンとしたニオイを抑えたマイルド処方で、さわやかな柚子の香りがほんのり香ります。

※浴室でご使用の際は、換気のよいところでお使いください。

ゆず

トリミストヘアリムーバー
ご使用方法

【ご使用前に必ずテストをしてください。】あらかじめ除毛しようとする部分に本品を少量ぬり、約10分間放置し、赤み・はれ・強い刺激などの異常が生じたときは使用しないでください。テスト後は水又はぬるま湯で洗い流してください。特にお肌の弱い方は、2日後(48時間後)のお肌に異常がないかを確認の上ご使用ください。

使用方法

適量を除毛する部分に毛が隠れるぐらいの厚さ(1~3mm程度)に塗布してください。

※爪が気になる方はビニール手袋等をしてご使用ください。

使用方法
使用方法

通常5~10分程度放置したあと、コットンやガーゼなどで拭き取り、水かぬるま湯でよく洗い流すか、濡らしたコットンやガーゼなどで拭いてください。

※除毛に要する時間は、毛の質や量によって多少の差があります。

使用方法
使用方法

洗い流した後は、ツルツルスベスベなお肌へ。

【ご注意】顔面、頭部、粘膜付近、ビキニライン、損傷等、傷やはれもの、湿しん、かぶれ、ただれ、色素異常、その他炎症を起こしている部位にはお使いにならないでください。

使用方法