健康食品やサプリメントの通販ならブレーンコスモスの健康食品店におまかせ!

ちょっと役立つ健康情報

5分で判る関節痛対策3つのポイント

気になる膝痛・腰痛などの関節痛。その原因と対策

関節痛の原因とは

 同じ姿勢を長い時間続けていたり、階段の上り降りで膝や腰に痛みを感じたことはありませんか?
 これらの関節痛は、関節が炎症を起こすことで発生します。この関節炎は、外傷以外の原因による関節の炎症で、代表的な3つの症状や病気があります。これらの代表的な3つの症状とその対策についてご紹介します。


関節リウマチの原因

関節痛を発症する病気の1つに「関節リウマチ」が挙げられます。この関節リウマチの原因は「自己免疫疾患」と呼ばれるものです。

 人間の体には体内へ最近などが侵入するのを防ぐ「免疫機能」があります。この免疫機能が異常を起こし、過剰に働いて自らの身体を攻撃してしまうのが「免疫異常」とよばれ、関節に起きる免疫異常が関節リウマチと呼ばれます。
 関節リウマチを発症すると、膝や足首だけでなく手指の曲げ伸ばしにも痛みを感じるようになり、そのまま放置すると関節が破壊され変形してしまい、普段の生活にも支障を来すようになります。

 関節リウマチの原因は現時点までまだはっきりとはしていませんが、女性の患者さんが7~8割を占めることから女性ホルモンが関係していると考えられています。またリウマチは高齢者の罹る病気というイメージが有りますが、実際には比較的若い30代から50代の頃から発症する患者さんも多く、決して高齢者に特徴的な病気ではありません。


関節リウマチの対策

 関節リウマチは自己免疫異常ですから、できるだけ早期に関節リウマチ専門の医師・病院での受診が大切になります。
初期症状として特徴的なのは、朝起きてから30分以内の間に、「手のむくみ」「手のこわばり感」「身支度の際に指がうまく動かせない」といった症状が現れるものです。日中には治まることから気のせいと思って放置していると、症状が進んでしまう恐れがあるので注意が必要です。
現在ではリウマチの症状を和らげる治療薬の他、関節の破壊を止めて炎症を抑える薬も処方されるようになり、早期に治療を開始することで日常生活への影響を最低限に抑えられるようになってきています。


変形性関節症の原因

 関節痛の原因として他に「変形性関節症」があります。

 人間の体は、老化や怪我などで擦り減ってしまった軟骨を修復しようとしますが、何らかの理由で正常に修復できなかった場合に、その周辺部に異常軟骨や骨棘が出来てしまい、関節が変形してしまうものが変形性関節症です。
 特に体重がかかる膝関節や股関節では軟骨が擦り減りやすく、さらには体重がかかることで軟骨の修復を上手く行えず、変形性関節症を発症しやすい箇所と言えます。

 老化や怪我が原因となるため、変形性関節症は加齢だけで発症するものではなく、スポーツ選手や重労働者、また関節に負担がかかることから中年以降の肥満が原因で発症することもあります。



変形性関節症の対策

 変形性関節症の初期には歩き始めや立ち上がる際など、動きを開始する時に痛みを感じることがあり、徐々に動いている最中にも痛みを感じるようになります。
症状が進行すると、階段の上り下りや歩行だけでなく、足の曲げ伸ばしや正座、あぐらも困難になりますので、早めに対処が望ましいでしょう。

 変形性関節症への対処は、痛みや症状を和らげる対症療法が中心となります。
症状が軽い時期であれば、関節に負担を掛けないような形で運動を行い、関節周辺の筋肉を鍛えることで関節を保護する事も可能です。横になっての足上げで筋力を強化する他、水中歩行などもおすすめの対処法となります。
 薬物療法であれば、関節へのヒアルロン酸注射で関節の保護、鎮痛作用を得ることも出来ます。
 関節の擦り減り、変形がひどい場合には、人工関節の装着など手術療法を取る場合もあります。


関節障害の原因

 スポーツをする事で関節痛が発生する場合「関節障害」と呼ばれます。中高年になって運動不足の解消や肥満改善のために行う、ジョギングやテニス、ウォーキングなどの、ハードではないスポーツでも関節痛が起きてしまうことがあり、注意が必要です。

 中高年になると少しずつ各部の軟骨が擦り減ってきており、運動を介して膝や股関節など体重が掛かりやすい部分に痛みを感じるようになります。特に膝は、歩くときで体重の2~3倍、走るときには体重の5~10倍の負荷が掛かるため、急な運動で関節障害を発症することになります。


関節障害の対策

 運動による関節障害を防ぐためもっとも効果的なのは、準備運動をしっかりすることです。筋肉の柔軟性が不足している状態で運動を開始すると、関節に大きな負担がかかるため関節障害を発症しやすくなります。準備運動をしっかり行い、関節の柔軟性を高めてから運動することで、関節痛を避けることが出来ます。
 準備運動を行った上で始めはゆっくりと体を動かし、徐々にペースを上げていくほうが望ましいでしょう。また運動後は軽い体操などで、クールダウンをしっかりと行いましょう。
 クッション性の高い靴を利用することで、膝や腰などに掛かる負荷を軽減出来ます。負荷を軽減することで関節障害を予防しましょう。


軟骨サプリメントの摂取もおすすめ

 軟骨が年を経るに従って、徐々に摩耗してしまうことは避けられませんので、軟骨成分をサプリメントで摂取するのもおすすめです。有名な軟骨サプリメントとしては「グルコサミン」「コンドロイチン」がありますが、近年では軟骨成分そのものとも言える「2型コラーゲン」や「プロテオグリカン」を配合したサプリメントも登場しています。
 日頃の体のケアや運動と併せて軟骨サプリメントも活用することで、アクティブな毎日を過ごしていきましょう。

人気ランキング

【送料無料の定期お届け】濃縮ルテインプレミアムベリー【ルテイン・アントシアニン高配合】

¥2,160(税込) ~

目のぼやけ・ショボショボ目・スマホ疲れ…。
視界スッキリ!毎日クリア!【濃縮ルテインプレミアムベリー】
【アントシアニン】と【フリー体ルテイン】を配合!

【グルコサミン・コンドロイチンを超える関節サプリ】深潤EX【非変性2型コラーゲン&プロテオグリカン】

¥4,731(税込) ~

初回1個目2980円!
「毎日の買い物が楽しくなりました♪」「久しぶりの旅行にでも行こうかな」特許取得の軟骨成分と、ヒアルロン酸の1.3倍の保湿成分を配合した、新世代の関節サプリメントが登場!

【炭酸美容でお肌イキイキ】炭酸石けん【無添加輝肌スキンケア】

¥2,052(税込)

輝肌スキンケア「炭酸石けん」でイキイキとした肌へ…。
独自製法で炭酸の元をカプセル化し、洗う度に新鮮な炭酸を生み出す「炭酸石けん」で、いつでも濃厚な炭酸美容を楽しめます。
こだわりの無添加製法と植物エキスでうるおいもプラス!

ちょっと役立つ健康情報

視界やフシブシなどさまざまな悩みの原因と、その対処法をご紹介する情報ページです。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

橙色の日付は休業日となります。

ご注文は365日24時間承っております。

商品のお届けについてはご注文後2営業日以内での出荷となります。

QR

ページトップへ